歯周病とは歯を支えている骨が溶けて、歯茎が晴れてきたり歯がグラグラしてくる病気です。下人は歯の表面に付着する細菌です。

歯周病ができる順序

  1. 細菌が歯の周囲に付着する
  2. 細菌の出す毒素が歯茎から入り込む
  3. 歯茎から出血や膿が出る
  4. 歯の周囲の骨が溶ける

ひどい痛みや歯茎の腫れなどの自覚症状がなく、一見しっかりしているように見える場合でも、
内部の方で静かに歯周病が進行していることがあります。

治療内容

  • 超音波で歯の汚れや歯石を取ります。
  • 歯茎の検査をしてどれほど歯周病が進行しているのかチェックします。
  • 磨き残しのチェックや歯磨きの仕方の改善点をご説明します。
  • 歯周病が進行している歯に対して、歯茎の奥にある汚れを1本ずつ丁寧に取っていきます。
  • 再度、歯茎の検査をして、歯周病が改善されたか前回の状態と比較します。
  • 必要に応じて歯周外科処置を行うこともあります。
    (歯茎奥深くにある歯石を取る手術・歯の周りの骨を増やす手術など)

歯周病は改善されても気付かない内に再発することもあります。

またキレイに磨いていても、時間と共に歯に汚れや歯石が付いてきます。

虫歯や歯周病のチェックも含めて、定期的にメインテナンスを受けることをお勧めします。

メンテナンス

〜歯のメンテナンスって?〜

  • 定期的なお口のチェック⇒皆様のお口の状態によって、1~6ヵ月ごとにお口の中を検査させて頂きます。
    虫歯、歯周病などのチェックを行い、記録して前回の状態と比較します。
  • 歯石や歯垢の除去⇒歯石や歯垢を取るためにスケーリング(超音波)やPMTCという方法を用いて、歯の表面から、細菌を取り除きます。
  • フッ素塗布⇒歯の清掃によりきれいになった歯の表面にフッ素を塗布し、エナメル質の強化や、細菌の活動を抑制し、虫歯の予防をしていきます。

歯を失わないために

歯科医院は、ただ悪い所を治療するだけの所ではありません。

虫歯は小さいうちに治していき、歯周病も初期の段階で治療を行えば進行を食い止めることができます。

これからの歯科は、虫歯や歯周病にならないように予防し健康な状態を維持する事が重要であると考えています。当院はこのメインテナンスに力を入れることにより、少しでもご自身の歯守って頂けるよう、精一杯のサポートをして参ります。

虫歯や歯周病にならないために、定期的なお口のチェックとお手入れをしていきましょう。