ブリッジとは、歯がない部位の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する被せ物のことです。
(ただし、歯の欠損部位が多い症例にはブリッジは適応できない場合があります。)

利点

  • 抜いた部分に歯と同じような形を作る為、抜く前と同じような噛み合せや形を取り戻すことが出来ます。
  • 取り外しがない為、違和感が少なくご自身の歯の感覚で物が咬めます。

欠点

  • 両隣の歯に被せ物をする為、歯を削らなければならなくなります。(すでに被せてある場合は、被せ物を外すだけで作れます。)
  • 土台になる歯に多く負担がかかります。
  • 人工の歯(ダミーの歯)の周りは、食べ物のカスなどがつまりやすいため、しっかりとした清掃が必要となります。