歯がない人の治療や隙間を埋める方法

患者さん

歯がないところの治療はどうするの?

患者さん

歯の隙間が気になるけど埋める方法は何があるの?

この記事では

  • 歯がない人の治療が気になる
  • 歯がない部分の隙間を埋めたい

そんなお悩みを解決していきます。

歯がない人の治療方法

歯がない所の治療

歯がない場合の治療方法は以下の3つの治療が基本です。

  • ブリッジ
  • 入れ歯
  • インプラント

それぞれの治療方法や特徴について 1つずつ見ていきましょう。

ブリッジ

ブリッジは少数の歯が欠損したときに用い補綴物で、両隣の歯を支持として使います。

治療自体はシンプルですが、支えとなる歯を削ったり、力学的に見て歯に負担がかかりやすいというデメリットがあります。

  • 取り外しがめんどう
  • 予算があまりかけられない
  • 治療期間を短くしたい

といった方にはオススメの治療方法です。

入れ歯

入れ歯とは、失った部分の歯を補うための人工臓器の総称のことを指します。

一般的にも馴染みのあるモノだと思います。

抜けた歯の本数が多かったり、健康な歯を削りたくないという方にはオススメです。

ですが、気分的に入れ歯にするのが受け入れられない方もいます。

他にも

  • 取り外しがめんどう
  • ケアが大変
  • 硬いモノが噛みにくい
  • お口の変化に合わせて調整が必要になる

などのデメリットもあります。

インプラント

インプラントとは、失った歯の部分に、あごの骨と親和性の高いチタンなどの金属でできた人工歯根の土台を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療です。

自然歯のように、違和感なく噛むことができ、見た目も美しく仕上がるのがメリットです。

しかし、外科手術が必要で費用も高額になるのがデメリットです。

歯の隙間を埋める方法

歯の隙間を埋める

次に歯の隙間を埋める方法について見ていきます。

こちらも主に3つの方法があり、歯の隙間が気になる方にオススメです。

  • ラミネートベニア
  • セラミック
  • ワイヤー矯正

それぞれ1つずつ見ていきましょう。

ラミネートベニア

ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削って上からセラミックを貼る治療方法です。

隙間を埋めて、歯ならびを美しく見せたり、変色した歯を白く見せたりできます。

セラミックなので金属アレルギーの心配もなく、痛みもありません。

短期間で治療できるのもメリットです。

セラミック

セラミックは、歯の前面を削って土台を作り、そこにセラミックで製作した人工の歯を装着する治療方法です。

そうすることで、隙間はもちろん、歯ならびや変色などを改善できます。

ただし、保険適用ではないので、治療費が高額になることと、セラミックを制作する時間(1ヶ月〜3ヶ月)が必要になるのがデメリットです。

ワイヤー矯正

歯の表面や裏面にワイヤーを装着し、動かしたい方向に力をかけて、歯が適切な位置にくるように移動させます。

主に、歯列矯正として用いられる方法ですが、こちらにより、気になる歯の隙間を埋めていきます。

改善したい歯の本数が少ないときは、部分的に矯正することも可能です。

まとめ

歯がない時の治療方法や歯の隙間を埋める方法について見てきました。

歯がなくて悩んでいたり、隙間が気になる方は治療によって改善可能ですので、お気軽に歯科でご相談ください。

保険適用内で対応することもできるので、ご要望や条件にあった治療に取り組まれると良いでしょう。