虫歯にもいくつかの段階があり、それによって治療法も変わってきます。

  1. 表面だけの虫歯
  2. 神経近くまで進行した虫歯
  3. 神経まで到達した虫歯

治療法

(1)の場合は表面の虫歯を削り、白いプラスチックの材料や金属の詰め物で修復します。

(2)の場合、虫歯の深度によっては神経を取らなければならないことがあります。当院では、出来るだけ神経を取らずに残す治療法を行っております。

(3)神経が虫歯に侵された状態です。神経を取って根っこの中の管を掃除する必要があります。

電動麻酔器〜痛くない麻酔の実践〜

電動麻酔器 ~痛くない麻酔の実践~

歯科治療においては、麻酔をしない状態では痛くて治療できないというケースが数多くあります。
また、麻酔は「怖い!」、「痛い!」というイメージが根強く残っています。

患者様の中には、子供の頃に受けられた麻酔によるトラウマなどがある場合もあり、怖いイメージがずっと残っているということもあります。

ツインデンタルクリニックでは、少しでも麻酔による痛みを和らげるために、表面麻酔の使用と電動の麻酔器を導入しております。

麻酔をするときの痛みは、「最初に針を刺す時」、「麻酔の液を注入する時」、「麻酔の液が冷えすぎている時」などが挙げられます。電動麻酔器を使うことにより、針を極力細くでき、麻酔液の注入は出来る限りゆっくりと入れるように麻酔器がコントロールしてくれる仕組みとなっております。

炎症が起こっている部位や、打つ場所によっては痛みが感じやすいところもありますが、ほとんど痛みなく麻酔が出来る箇所もあります。